読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

現代音楽の今をチェックするひとつの方法は、part2(2017.2.13)

contemporary

f:id:indiana2:20170205143033j:plain

Donaueschinger Musiktage 2015 

SACD 1
total playing time: 77:32


Georg Friedrich Haas (*1953)
[01] Oktett für 8 Posaunen (2015) 19:50

German premiere
Work commissioned by Trombone Unit Hannover, financed by Ernst von Siemens Musikstiftung

Trombone Unit Hannover
Frederic Belli, Mateusz Dwulecki, Karol Gajda, Lars Karlin, Angelos Kritikos, Tobias Schiessler, Mateusz Sczendzina, Yuval Wolfson


Johannes Boris Borowski (*1979)
[02] rac for orchestra (2014 / 2015) 24:55

World premiere · Work commissioned by SWR

SWR Sinfonieorchester Baden-Baden und Freiburg
Peter Eötvös, conductor


Stefan Prins (*1979)
Mirror Box Extensions for ensemble, live electronics & live video (2014 / 2015) 32:42

[03] Scene 1: Hybrid spaces #1 07:51
[04] Scene 2: WYSI(N)WYG 11:11
[05] Scene 3: You will only be allowed to express yourself if you become a hologram 04:48
[06] Scene 4: Hybrid spaces #2 08:52

World premiere · Work commissioned by SWR

Nadar Ensemble
Elisa Medinilla, piano · Yves Goemaere, piano
Thomas Moore, trombone /stage manager /production
Bertel Schollaert, saxophone · Dries Tack, clarinet · Katrien Gaelens, flute
Marieke Berendsen, violin · Pieter Matthynssens, cello  / artistic director
Kobe Van Cauwenberghe, guitar
Culture Crew (Vincent Jacobs), video software · Wannes Gonnissen, sound /electronics
Stefan Prins, artistic director · Rebecca Diependaele, general manager

 

SACD 2
total playing time: 71:15


Mark Andre (*1964)
[01] „über“ for clarinet, orchestra and live electronics (2015) 38:10

World premiere · Work commissioned by SWR

Jörg Widmann, clarinet
SWR Sinfonieorchester Baden-Baden und Freiburg
François-Xavier Roth, conductor
EXPERIMENTALSTUDIO des SWR


Francesco Filidei (*1973)
[02] Killing Bach for orchestra (2015) 20:50

World premiere · Work commissioned by SWR

SWR Sinfonieorchester Baden-Baden und Freiburg
François-Xavier Roth, conductor


Yoav Pasovsky (*1980)
[03] Pulsus alternans for orchestra (2015) 12:12

World premiere · Work commissioned by SWR

SWR Sinfonieorchester Baden-Baden und Freiburg
Peter Eötvös / Gregor Mayrhofer, conductors

 

現代音楽の今をチェックする方法のひとつとして90年以上の歴史を持つDonaueschinger Musiktage のチェックがあげられる。

NHKFMで過去に幾度となく放送されていたが、ラジオのオンエアーを録音してもどうしてもノイズが入ってしまい元からあったものかどうかわからず細かいところが聴きずらい。

音源メディアとして2006年からドイツのNEOS Music GmbHからSACD化されているのが気になっていた。発売は前年の2015年のものとなるが購入することにした。

https://neos-music.com/

すべての収録曲に言えることは音がナマナマしいこと、そして鮮度の高いものが選ばれ提供されていることだ。

CD2枚組となるとまだまだ聴き込みが足りないこととなるが、

とっかかりとして作曲者自身の解説は載せていただいているのは英文を辞書片手に訳す必要があるがありがたいこと。

勿論初めての作曲者の曲はライナーノートは読まずまずは数回聴くことにしている。

新たな刺激を求めて毎年、発売を楽しみにしたい。

(以下感想:1曲1曲順不同で随時感想を書く予定、、、)

①ハース:8つのトロンボーンのための八重奏曲 

まず聴いて頭に浮かんだのは武満徹の「garden rain」

https://www.youtube.com/watch?v=QnUD92aZLjc

 であったが、聴き込んでいくうちにまったく違うことがわかった。

electronicaに大いに影響を与えていたと思われるGiacinto Scelsiに触発されている曲であると作曲者自身の解説を先ほど確認したところである。

ボロウスキ:《シラク;氷河でクレバスの交わる部分などに生ずる氷の 小尖塔》(2014/15)~管弦楽のための

まだ特に感想がわかない

③プリンス:《ミラー・ボックス・エクステンション》(2014/15)~ライヴ・エレクトロニクス、ライヴ・ヴィデオ、アンサンブルのための

この曲は最初からお気に入りとなった。

電子音、管楽器の叫びなど、まさしく万華鏡の拡大がなされている、、、

これだけの豊かな倍音はやはりアコースティックを基本としているから発することが可能なのか?

④アンドレ:《…uber》(2015)~クラリネット管弦楽、ライヴ・エレクトロニクスのための

クラリネットの縦横無尽さ、、

⑤フィリデイ:《バッハ殺害》(2015)~管弦楽のための

この曲はまだ聴き込みたりない。

⑥パソフスキ:《プルスス・アルテルナンス(交互脈)》(2015)~管弦楽のための

ミニマル音楽の現在形、電子音楽では表現不能と思われる、揺らぎテンポの変動が生々しくすばらしい。