読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

超久しぶりに全作品をチェックしたくなった作曲家、Giacinto Scelsi(2017.3.21)

contemporary

www.youtube.com

  

まずきっかけは「Anahit」という曲をNHKFMで紹介されてから、、、

一つの音の倍音成分の変化や、近接する周波数によって発するうなりが、脳内で響き渡り虜となってしまった。

これは多分、音響現象を音波として捉えその倍音をスペクトル解析したり理論的に倍音を合成することによる作曲の方法論をとるスペクトル学派にScelsiが影響を与えていたからで現代のelectronicaにそのまま直接通じることだ。

この数年electronicaを傾聴してきた僕が虜になったのも当然と言える。

2,3枚購入して聴いたがどれもアコースティックのみで、現存するどのelectronica作品よりも倍音が豊かであると思ってしまう。

electronica作品には人の演奏でできないことを期待していくと同時に

彼の作品は共同作曲者がいたことで多作に繋がっていて多くあり、シンプルな現代音楽のエッセンスをチェックしていきたい。

以下購入できたものを今後挙げていく。

f:id:indiana2:20170320123251j:plain

GIACINTO SCELSI (1905-1988)
Yamaon (1954-58) 12:02
für Bass-Stimme und 5 Instrumentalisten
1 1. Satz 3:17
2 2. Satz 5:00
3 3. Satz 3:45
4 Anahit (1965) 13:44
lyrisches Poem über den Namen der Venus
für Violine solo und 18 Instrumente
I presagi (1958) 13:30
für 10 Instrumentalisten
5 1. Satz 3:41
6 2. Satz 4:05
7 3. Satz 5:44
Roland Hermann baritone
Annette Bik violin
Pierre-Stephane Meugé saxophone
Klangforum Wien • Hans Zender conductor
Tre pezzi (1956) 9:26
für Sopransaxophon
8 1. Satz 2:43
9 2. Satz 4:07
10 3. Satz 2:36
11 Okanagon (1968) 8:33
für Harfe, Tam-Tam und Kontrabass
TT: 57:19

 

f:id:indiana2:20170320124709j:plain

 

 

 

Giacinto Scelsi: Complete Flute Music

 

 

Artist

Claudia Giottoli flute

Raffaele D'Aniello piano

Leonardo Ramadori percussions

Natalia Benedetti clarinet

Track list

Hyxos [1955] for alto flute,2 gongs and cowbell 

1. I. Tranquillo                                   4:03

II. Con moto                                  2:30

III. Tranquillo                                 4:17

 

I. —                                               2:55

II. —                                              1:54

III. Prestissimo                              3:37

Quays [1954] for flute                    2:35

Rucke di Guck [1957] for piccolo and oboe 

9. I. —                                               2:41

                                             3:07

                                             3:50

Ko-Lho [1976] for flute and clarinet

I. —                                             3:20

II. —                                            3:01

Tetratkys [1959] for flute

I. —                                             8:28

                          4:29

                                          8:19

                                                         4:40

 

f:id:indiana2:20170321000709p:plain

 

1.Ohoi (for 16 strings) 'I principi creativi' (Giacinto Scelsi)

Münchener Kammerorchester, Christoph Poppen
Giacinto Scelsi - Three Latin Prayers for solo voice
2.Three Latin Prayers for solo voice (Giacinto Scelsi) Ave Maria (for violoncello solo)
Frances-Marie Uitti
3.Anâgâmin (for 11 strings) 'Colui che scelse di ritornare o no' (Giacinto Scelsi)
Münchener Kammerorchester, Christoph Poppen
Giacinto Scelsi - Trilogy - The three ages of Man
4.Trilogy - The three ages of Man (Giacinto Scelsi) Ygghur I (for violoncello solo)
Frances-Marie Uitti
5.Trilogy - The three ages of Man (Giacinto Scelsi) Ygghur II (for violoncello solo)
Frances-Marie Uitti
6.Trilogy - The three ages of Man (Giacinto Scelsi) Ygghur III (for violoncello solo)
Frances-Marie Uitti
7.Natura renovatur (for 11 strings) (Giacinto Scelsi)
Münchener Kammerorchester, Christoph Poppen
 
Giacinto Scelsi - Three Latin Prayers for solo voice
 8.Three Latin Prayers for solo voice (Giacinto Scelsi) Alleluja (for violoncello solo)
Frances-Marie Uitti

 

 

 

   
   

 

 

現代音楽の今をチェックするひとつの方法は、part2(2017.2.13)

contemporary

f:id:indiana2:20170205143033j:plain

Donaueschinger Musiktage 2015 

SACD 1
total playing time: 77:32


Georg Friedrich Haas (*1953)
[01] Oktett für 8 Posaunen (2015) 19:50

German premiere
Work commissioned by Trombone Unit Hannover, financed by Ernst von Siemens Musikstiftung

Trombone Unit Hannover
Frederic Belli, Mateusz Dwulecki, Karol Gajda, Lars Karlin, Angelos Kritikos, Tobias Schiessler, Mateusz Sczendzina, Yuval Wolfson


Johannes Boris Borowski (*1979)
[02] rac for orchestra (2014 / 2015) 24:55

World premiere · Work commissioned by SWR

SWR Sinfonieorchester Baden-Baden und Freiburg
Peter Eötvös, conductor


Stefan Prins (*1979)
Mirror Box Extensions for ensemble, live electronics & live video (2014 / 2015) 32:42

[03] Scene 1: Hybrid spaces #1 07:51
[04] Scene 2: WYSI(N)WYG 11:11
[05] Scene 3: You will only be allowed to express yourself if you become a hologram 04:48
[06] Scene 4: Hybrid spaces #2 08:52

World premiere · Work commissioned by SWR

Nadar Ensemble
Elisa Medinilla, piano · Yves Goemaere, piano
Thomas Moore, trombone /stage manager /production
Bertel Schollaert, saxophone · Dries Tack, clarinet · Katrien Gaelens, flute
Marieke Berendsen, violin · Pieter Matthynssens, cello  / artistic director
Kobe Van Cauwenberghe, guitar
Culture Crew (Vincent Jacobs), video software · Wannes Gonnissen, sound /electronics
Stefan Prins, artistic director · Rebecca Diependaele, general manager

 

SACD 2
total playing time: 71:15


Mark Andre (*1964)
[01] „über“ for clarinet, orchestra and live electronics (2015) 38:10

World premiere · Work commissioned by SWR

Jörg Widmann, clarinet
SWR Sinfonieorchester Baden-Baden und Freiburg
François-Xavier Roth, conductor
EXPERIMENTALSTUDIO des SWR


Francesco Filidei (*1973)
[02] Killing Bach for orchestra (2015) 20:50

World premiere · Work commissioned by SWR

SWR Sinfonieorchester Baden-Baden und Freiburg
François-Xavier Roth, conductor


Yoav Pasovsky (*1980)
[03] Pulsus alternans for orchestra (2015) 12:12

World premiere · Work commissioned by SWR

SWR Sinfonieorchester Baden-Baden und Freiburg
Peter Eötvös / Gregor Mayrhofer, conductors

 

現代音楽の今をチェックする方法のひとつとして90年以上の歴史を持つDonaueschinger Musiktage のチェックがあげられる。

NHKFMで過去に幾度となく放送されていたが、ラジオのオンエアーを録音してもどうしてもノイズが入ってしまい元からあったものかどうかわからず細かいところが聴きずらい。

音源メディアとして2006年からドイツのNEOS Music GmbHからSACD化されているのが気になっていた。発売は前年の2015年のものとなるが購入することにした。

https://neos-music.com/

すべての収録曲に言えることは音がナマナマしいこと、そして鮮度の高いものが選ばれ提供されていることだ。

CD2枚組となるとまだまだ聴き込みが足りないこととなるが、

とっかかりとして作曲者自身の解説は載せていただいているのは英文を辞書片手に訳す必要があるがありがたいこと。

勿論初めての作曲者の曲はライナーノートは読まずまずは数回聴くことにしている。

新たな刺激を求めて毎年、発売を楽しみにしたい。

(以下感想:1曲1曲順不同で随時感想を書く予定、、、)

①ハース:8つのトロンボーンのための八重奏曲 

まず聴いて頭に浮かんだのは武満徹の「garden rain」

https://www.youtube.com/watch?v=QnUD92aZLjc

 であったが、聴き込んでいくうちにまったく違うことがわかった。

electronicaに大いに影響を与えていたと思われるGiacinto Scelsiに触発されている曲であると作曲者自身の解説を先ほど確認したところである。

ボロウスキ:《シラク;氷河でクレバスの交わる部分などに生ずる氷の 小尖塔》(2014/15)~管弦楽のための

まだ特に感想がわかない

③プリンス:《ミラー・ボックス・エクステンション》(2014/15)~ライヴ・エレクトロニクス、ライヴ・ヴィデオ、アンサンブルのための

この曲は最初からお気に入りとなった。

電子音、管楽器の叫びなど、まさしく万華鏡の拡大がなされている、、、

これだけの豊かな倍音はやはりアコースティックを基本としているから発することが可能なのか?

④アンドレ:《…uber》(2015)~クラリネット管弦楽、ライヴ・エレクトロニクスのための

クラリネットの縦横無尽さ、、

⑤フィリデイ:《バッハ殺害》(2015)~管弦楽のための

この曲はまだ聴き込みたりない。

⑥パソフスキ:《プルスス・アルテルナンス(交互脈)》(2015)~管弦楽のための

ミニマル音楽の現在形、電子音楽では表現不能と思われる、揺らぎテンポの変動が生々しくすばらしい。  

 

                                          

昨年最後に手に入れたelectronicaのCD:Akihiko Matsumoto 『Preludes for Piano Book 1 』(2017.1.14)

electronica

 

f:id:indiana2:20161226001534j:plain

 

 1991年の内藤孝敏によるCD「シェーンベルク:ピアノ作品(全曲)」(Gramophon POCG-1431)(人間には演奏が難しい部分を完全打ち込みによって補足し、人間の演奏をこの作品で超えようとした)以来、ピアノ演奏のみからのプログラムによる作品はそういえば買っていなかった。

f:id:indiana2:20170109110424j:plain

あれから24年ほど経ったわけだが、テクノロジーの進歩とそれを操る人の試行錯誤の結果のひとつとしてこの作品は大変興味深く購入することにした。

 

12曲の作曲方法が異なっているためか、すべての曲が目新しいわけではない。

しかし、今までに聴いたことのないelectronicaの新しい萌芽が感じられる。

10回程度聴いたがまだまだ良さが染みだしてきている、音のコクが大変すばらしい、テクノロジーの賜物といえる、勿論操る人の力量があってのこと。

ゆっくり時間をかけて聴き込んでいきたい。

 

 

 

 

今年唯一聴こうとしたROCK:RADIOHEAD/ A MOON SHAPED POOL(2016.12.17)

rock

f:id:indiana2:20161217202106j:plain

 

BOWIEが亡くなってからというものROCKに期待がますます無くなってしまっていた僕だが、それでも何かいいものがないか新しいものがないか、今までまったく聴いていないが期待が持てるバンドRADIOHEADのCHECKをすることにした。

バンドメンバーのColin Charles Greenwoodの作品はペンデレツキの作品に影響を受けていたようで彼の作品は聴いてはいた。

今回の作品は5年ぶりのアルバムで巷では彼らの最高傑作だと、、、

うーん、何か新しいことはしてるかって、

音的にはちょっと捻っているのだけど。

明らかに影響受けて出てくるのはJOHN LENNONPINK FLOYDBRIAN ENO

特にENOについては「The Plateaux Of Mirror」をカラオケに歌ってしまっている

ような曲が最後にあり、ちょっとがっかりだったことも。

そんな中でも、トムヨークが憂い、夢遊していることに共感してしまうのは、

コーラスの多用や彼のボーカルの力によることが大きい。

今のROCKを聴きたくなったら、RADIOHEADをしばらく聴いていようか、、

最近知った現代作曲家: Thomas Ades: In Seven Days (2016.11.6)

contemporary

 

f:id:indiana2:20161106144822j:plain

 

現代音楽の今を知るもう一つの方法としてNHKFM現代の音楽http://www4.nhk.or.jp/P446/をほぼ毎週エアチェックしているが、数回聴いて番組の冒頭のテーマ音楽が大変気に入って調べるとTHOMAS ADESの "In Seven Days" for piano, video-installation and orchestraであることがわかり、早速購入した。

トーマス・アデスはラトル&ベルリン・フィルがその作品を積極的に取り上げているイギリスの俊英作曲家で、Conlon Nancarrow(自動ピアノの可能性に目覚めてこの楽器を用いてリズムへの探求を行い、「自動ピアノのための習作」という50曲を超える作品群を作曲した。人間では演奏不可能な複雑なリズム構造を実現させるために自動ピアノを用いた、今日のelectronicaにはあたりまえであるシーケンサーを用いたパイオニアにも思われる)にも影響を受けている。

このCDの曲目はピアノとオーケストラ、映像で聖書の天地創造の物語を描いたアデスのピアノ協奏曲と、Nancarrowの曲をアデスが編曲し自ら演奏したものを収録している。

 

 ※映像のほうはまだイマジナリが限定されそうで見ていない、聴き込んでからにしよう。


【曲目】
1-7. Thomas Ades: In Seven Days
8-9. Conlon Nancarrow (arr. Thomas Ades): Nancarrow Studies Nos. 6 & 7
<DVD Extra>
10. Thomas Ades and Tal Rosner in conversation
【演奏】
Nicolas Hodges piano(1-7)
Thomas Ades conductor, London Sinfonietta(1-7)
Thomas Ades & Rolf Hind piano(8-9)

 recordings:2011年3月,6月
 

JAZZのリマスター盤チェック①「Ming」:DAVID MURRAY(2016.10.15)

jazz

f:id:indiana2:20161015130127j:plain

リマスターに加えて明らかに音質の向上がわかるSHM-CDに買い替えたいCLASSICやJAZZ。

そんな中でJAZZを漁っていると、、、

アルバム名しか知らなかったDAVID MURRAYの「MING」を見つけた。

1980年代当時DAVID MURRAY は知っていて聴いてはいたが、ほんの数枚で

多くは持っていない。

DAVID BOWIEの追悼会で有名なアルバム「LOVERS」の中から1曲使ってはいるものの特に知らないアルバムを探そうなんて思っていなかった。

初めて聴いてみるとすばらしい!

ここ最近の活躍がすばらしいビックバンドのMaria Schneiderが参考としていそうなくらいロフトジャズの実力者がそろっている。

フリーの曲HILLを含めすべてMURRAYの曲だ。

当時はJAZZ喫茶でもフリー色が強いA面はほとんど回していなかったのではないか。

これを機会にMURRAYのアルバムを聴きなおしていきたい。

 

 

 

33年ぶりの寺山ワールド

f:id:indiana2:20160918133355j:plain

ずいぶん前から気になっていた、、寺山ワールド。

シーザーが寺山修司の少女詩集を基にした劇中歌を再編して出したアルバム。

演劇実験室◎万有引力が結成された当時、池袋で「シナの皇帝」に非常に感銘をうけた僕は、ルピリエの舞台をでて見つけたシーザーの作った劇中音楽の「奴隷訓」「レミング」等のテープ販売に手が出そうになっていたがためらってしまった。今思えばそれが、当時の音効スタッフの方から後に音効スタッフとして教えをいただく機会があったことを捨てる前触れ(演劇の世界で生きていく道をやめること)だったと思う。

それから22年、2005年に愛知万博で上演された「群読叙事詩劇・一粒の種」(脚本・演出をシーザーが担当)に感動し9回ほど見てしまったのを覚えている。

そして最近彼の寺山ワールドアルバムが出ることを知り33年ぶりに覗いてみることに。

 

これは、、思っていた以上にすばらしい。人間の業というか、逃れられない世界、

日本人として日本語がわかる以上ますます、演歌、童謡、民謡、、

言葉によるイマジネーションの制限を避け、ここ数年日本語の歌詞から離れた音楽を聴いてきた僕にとっては新鮮です。

3年くらい前にはまったドロドロの「YOSHII ROBINSON」以来です。

因みにCDのシーザーの解説には下記のように書いてあり、天井桟敷の舞台をほとんど見ていない僕に想像力を描き立てるイメージ作業を追加しているとのこと、うれしいかぎりです。

「私の劇版音楽は視覚のための想像力を増幅させるためのものとして作られている未完の音楽であり、これを独立した音楽にするにはイントロ等の変更、アレンジ追加、47年前の古い曲もあってイメージ作業が大変だった。  J・A・シーザー」 

 

以下各曲の感想

(2人の声質をうまくそれぞれの曲に当てはめ、また2人の歌唱力もそれに十分答えていてすばらしい。)

・新・田園に死す(蜂谷眞未)

 唐十郎舞台作品や必殺仕事人などの時代劇も彷彿とさせられる。

・あじあのあけぼの(蜂谷眞未)

 お経のテンポをモチーフに、小学校1年の時にむりやり見せられた「宝塚歌劇」の

 一部を思い出した、今もこのような曲を使っているのかな。

 ドラムリズムにアクセントがついていてバイオリンと絡んでおもしろい。

・天幕エレジー(石川詩織)

 祭りの見世物小屋に入ったあとのエレジー感というべきか。

・霊燕記(蜂谷眞未)

 捨てられた女の自殺をテーゼに、キングクリムゾンのエピタフのオルガンに乗せて

 燕になって、、 

・宵の明星(石川詩織)

 チャールストンの日本版

・灰娘(蜂谷眞未)

 これは宝塚で体験し聴いていたようなシンデレラ物語。

 返してわたしの時間を、、バイオリンの咽び泣きも染みる。

・血約聖書(石川詩織)

 それが愛、それが愛。 確かに愛には犠牲が伴う!

・風見鶏のマリー(蜂谷眞未)

 舞台を観ていないのだが、夏木まりや美輪明宏の舞台の香りがする。

・私窩子(蜂谷眞未)

 あ、椎名林檎に歌ってもらってもいい味でそう。

・ほたる心中(蜂谷眞未)

 これは、、今も使っているであろう宝塚の曲だ!!

・花街按摩数え唄(蜂谷眞未&石川詩織)

 唯一2人で歌う曲で子どもが歌う数え歌のような小さい頃遊んでいた頃を思い出す

・子守頭巾(石川詩織)

 子守歌の神髄、むかし母親に歌い聴かせてもらったような、、

・迷路盲目ばやし(石川詩織)

 あっちで こっちで どっちで そっちで というフレーズが印象的。

・青少年のための無人島入門(石川詩織)

 電話しかなかった当時と比べて現在の若者はネットとかで繋がりができるからとは

 いえ、こんな寂しい気持ちに共感してくれるんかなあー?、

 あーあー、あーあー泣けてきます。

 

いつになるかわからないが、一度上京して今のシーザーの舞台も確認したい。