久しぶりな名盤POP(Excellent CD POP after a long absence):AMERICAN UTOPIA / DAVID BYRNE (WITH BRIAN ENO) (2018.4.1)

www.youtube.com

www.youtube.com

 

 

CONTEMPORARYばかり聴いてもいられない、ホントに久しぶりにPOPを買った。

ENOが絡んでいるのと相手が DAVID BYRNE であったから、ただそれだけで購入して、、

想定外どころか凝っていてすばらしい。先行して海外盤を買ってしまってなにを歌っているかはっきりわからないがそれでも何回も聴いてしまう。

最近のENOはコラボに活路を見出しているのか。これからも要チェックなのかもしれない。

Because only contemporary was not heard, I bought POP really after a long absence.

It was a coproduct of Brian Eno and David Byrne,so I merely purchased it with that alone.

It is elaborate let alone the assumption outside and is splendid. I lead and buy an overseas Disc and there is not the information of text contents and I do not know it clearly what he sings, but still want to listen to it many times.

Does recent Eno find means of escape for collaboration?

It may be to be a check required from now on.

David Byrne - American Utopia Lyrics and Tracklist | Genius

f:id:indiana2:20180404223241j:plain

 

1.

I Dance Like This

     

 

 

2.

Gasoline and Dirty Sheets

     

 

 

3.

Every Day Is a Miracle

     

 

 

4.

Dog's Mind

     

 

 

5.

This Is That

     

 

 

6.

It's Not Dark Up Here

     

 

 

7.

Bullet

     

 

 

8.

Doing the Right Thing

     

 

 

9.

Everybody's Coming to My House

     

 

 

10.

Here

 

http://smarturl.it/americanutopia

 

 

番外地①音楽が聴けなくなった1週間(Land without a lot number ①One week when I did not listen to music)(2018.3.11)

 

www.youtube.com

ホントに久しぶりに音楽が聴けなくなった。

いや、精神的ではなく物理的にだ。

パソコンではなく、スピーカ―のあるオーディオミニコンポセットが故障してしまったのだ。

ベンフロストのCDアルバム『The Centre Cannot Hold』を流していると突然音が途切れて(このアルバム自体、曲途中に音が切れるところある)

完全にストップしてしまった。

あ、困ったと思って修理に出そうとsonyの相談センターに電話した。

結局ほぼ一週間で代替品を買って手に入れることになったのだが、以前の僕なら時間が止まってしまったような感覚に陥りパソコンやスマートフォンなどで音楽を漁っていたのだろうが、、

この一年の最近はひと月にCD1枚をじっくり聴くようなペースで日々(今自分が聴きたい音楽が聴けていたまるで中学時代)を送っている。

そして、この1週間、頭の中に浮かんだ音楽は本当に僕にとって血となり肉となった大事な音楽。

今、自分が欲している音楽だ。

(下は大事な代替品の写真)

I could not listen to music really after a long absence.

No, is not mental; physically.

Not a PC, an audio system minicomponent set with speaker - has broken down.

A sudden sound broke off when I strolled around CD album "The Centre Cannot Hold" of Ben Frost (there is the place where he cut a sound in the middle of this album in itself, music)

My CDplayer has completely stopped.

Oh, I called the consultation center of sony when I thought that I was troubled and seemed to go for repair.

After all I bought a replacement in approximately one week and would obtain it, but if it was former me, time fell into the sense that had stopped and would hunt for music with a PC or a smartphone.

I spend (in the circle that just listened to the music that oneself wanted to listen to the junior high school times) at the pace that hears one piece slowly and carefully recently a month of this one year every day.

The music that floated in a head for this one week becomes the blood for me and is meat and the really important music that it was.

It is the music that I want in myself now.

 

(photograph of the replacement that the bottom is important)

f:id:indiana2:20180311232831j:plain

f:id:indiana2:20180311233010j:plain

 

 

 

 

 

Mozartの声楽曲はこんなに美しかったんです。The vocal music of Mozart was so beautiful(2018.1.24)

f:id:indiana2:20180121230554j:plain

http://www.deutschegrammophon.com/jp/cat/4778979

 

http://www.mojcaerdmann.com/

 

MOZARTの声楽曲はレクイエムくらいでオペラは勿論のこと聴き込んでいない。

最近SHM-CDで再発したので購入した。

きっかけはErdmannのBERGのLuLuの最近のチェックで声質(美貌も)が気に入ってしまったのが正直なところ。

 

彼女の高音部の美しさはBergやMozartに合うしこれを機会に声楽の世界に本腰を入れるのも現代音楽での声の使い方(語り、音声等、感情を抑え込んでいる傾向強い)とも違い、対比をするうえで大変刺激的なのをこの頃感じてきている。

 

I do not listen to the vocal music of MOZART many times not to mention opera except requiem.

I purchased it recently because it recurred in SHM-CD.

What have liked quality of voice (as for the good looks) by a recent check of LuLu of BERG of Erdmann as for the opportunity, to be frank.

The beauty of her soprano is different from how to use voice in the contemporary music (for degrees of leaning suppressing the feelings such as the talk, a sound strong) in putting its shoulder to the wheel taking advantage of this in the world of the vocal music in accord with Berg and Mozart and feels one stimulating at all these days in comparing it.

f:id:indiana2:20180121232030j:plain

http://www.deutschegrammophon.com/jp/cat/0734934

(BERGの未完成のこのオペラは捕筆版の問題があり、演出によってもいろんな違いが起きていて、この演出は巷では結構酷評が多いが、ソリスト達は上手いし、声質もみんなすばらしいと個人的には思う。)

高音部の上手い彼女に現代もののオペラ、たとえば細川俊夫のオペラで歌っていただけると大変すばらしいのではと思っていたら今月末にオペラ「海、静かな海」(演出:平田オリザ)を再演するキャストに選ばれていてびっくり。

(as for this unfinished opera of BERG, there is a problem for supplementary writing, and various differences are taking place by the direction and, as for this direction, there is quite much severe criticism in the public, but I think that soloists are good and all the quality of voice is splendid personally.)

If she can sing with the opera of the modern thing, e.g., opera of Toshio Hosokawa to her who is good of the soprano, I think that is splendid at all; at the end of this month opera "the sea, the quiet sea (direction:Oriza Hirata )" It is surprised to be chosen by the cast presenting again.

http://www.staatsoper-hamburg.de/en/playing_schedule/play.php?AuffNr=146368#pagenav

しかしドイツでの開演なので生を当然聴くことは難しい。

既に発売しているDVDをいつかcheckすることにする。

30年も前からBergのみのOpera(Wozzeck,Lulu)は聴いてはきたが、、

まさに今の現代音楽のOpera、未開拓地にこれから入ってみようと思う。

 

However, it is difficult naturally to hear live broadcasting because it is the raising of the curtain in Germany.

It is decided that check does the DVD which it has already released sometime.

Opera (Wozzeck,Lulu) only for Berg came for some time for 30 years when I listened,

I right intend to enter Opera of the present contemporary music, the backcountry from now on.

 

f:id:indiana2:20180122000946j:plain

 

 

現代音楽の今をチェックするひとつの方法は、part3 (One method to check now of the contemporary music is part3)(2018.1.9)

www.suntory.co.jp

 

全くもって今までチェックできていなかったのは残念。

30年間サントリービールの新製品のチェックはしてきたつもりだが、ここを聴き逃していたとは、、

I am sorry that I was not able to check it quite so far.

To have intended to check the new product of the Suntory beer for 30 years, but to have missed it to listen to here.

過去の公演 サマーフェスティバル 音楽事業 サントリー芸術財団 サントリー

 

フェスティバルの中でも毎年旬な作曲家をとり上げ、7日間ほど日本初演世界初演サントリーホール国際作曲委嘱シリーズ

https://www.suntory.co.jp/suntoryhall/enjoymusic/compose/?fromid=sf2017

)を開催している!!!

They take a seasonal composer every year and put it up in a festival and hold the Japan premiere and world premiere (the Suntory hall international composition commission series) for approximately seven days! !! 

サントリーが音楽事業をしているのは何となく知っていたが、NHKFMの現代音楽(作曲家・西村朗監修)での紹介で確認したのだった。

特に今年のプログラムの中で衝撃を受けたのは「バイオリン協奏曲 第2番」(ゲオルク・フリードリヒ・ハース:作曲)です。

I knew that Suntory did music business somehow, but confirmed it by an introduction in the contemporary music (composer, the Akira Nishimura supervision) of NHKFM.

Having been shocked in a program of this year in particular "the violin concerto second" (George Friedrich Haas: It is composition).

http://www4.nhk.or.jp/P446/x/2017-12-10/07/71568/4652805/

 

独自のパルスやドローン(自然倍音構造から引き出された微分音を孕んだ独自のハーモニーから生まれてくる音響の波動⇒※細川俊夫解説参照)の中にもエモーショナルな一面を持っていて巷のelectronicaには無い目新しさとインパクトがあった、すばらしかったこと!!

Having been splendid that I had the first page which was emotional in the original pulse and drone (acoustic wave ⇒※ Toshio Hosokawa commentary reference coming out of original harmony filled with microtone drawn by natural harmonic overtone structure), and there was novelty and the impact that there was not in public electronica ! !

https://www.suntory.co.jp/sfa/music/summer/2017/theme.html

 

今後はゲオルク・フリードリヒ・ハースの作品をCDで集めていきたい。

まずは師匠であるFRIEDRICH CERHA(1926- )のこの演奏会で日本初演された曲『Nacht(2013)』

やドナウエッシンゲン音楽祭2016年でのトロンボーン協奏曲を聴き込んでいくことにしよう。

そして今年こそ一度この音楽祭の世界(日本)初演を聴きにいきたい。

 

I want to collect works of George Friedrich Haas with a CD in future.

At first let's decide to listen to music "Nacht(2013)" where it was given the first public performance of Japan by this concert of FRIEDRICH CERHA (1926-) which was a teacher, and the trombone concerto in Donaueschinger music festival 2016 many times.

And I want to go to hear the world (Japan) premiere of this music festival once in this year.

f:id:indiana2:20180110002718p:plain

FRIEDRICH CERHA: Nacht . Drei Orchesterstücke

Catalogue No.: 
0015005KAI

EAN Code: 
9120040735050

Artist(s):

Composer(s):

Recording Date: 
(1) 17.10.2014 (2-4) 07.02.2014

Recording Venue: 
(1) Baar-Sporthalle, Donaueschingen, (2-4) Kölner Philharmonie, Germany

Release: 
February 2016

https://www.kairos-music.com/cds/0015005kai

 

f:id:indiana2:20180110003524j:plain

Georg Friedrich Haas (*1953)
[04] Konzert für Posaune und Orchester (2015 /16) 18:35
World premiere
Co-commissioned by SWR, Sinfonieorchester Basel, ORF Radio-Symphonieorchester Wien, Wien Modern and Wiener Konzerthaus
Supported by the Ernst von Siemens Musikstiftung

Mike Svoboda trombone

SWR Symphonieorchester

Alejo Pérez conductor

https://neos-music.com/

violin 協奏曲の追求は続く(The pursuit of the violin concerto continues) ②(2017.12.12)Rihm, Dusapin, Mantovani - Violin Concertos

 

 

f:id:indiana2:20171201220927j:plain

http://www.warnerclassics.com/release/3250467,0825646026876/renaud-capucon-rihm-dusapin-mantovani

 

今年もレコ芸の「レコード・アカデミー賞」が決定した。

いつもこの中の音源から1つを購入しているわけではないが 大賞銅賞現代曲部門で
ルノー・カピュソン/21世紀のヴァイオリン協奏曲集〔W.リーム:画家の詩,デュサパン:アウフガング(上昇),B.マントヴァーニ:水の戯れ〕ともなればチェックしないわけにはいかない。ルノー・カピュソンの演奏は聴くのが初めてと思っていたがエラートのHPを見てびっくり、約2年前にベルクとブラームスの曲で購入していた。

http://www.warnerclassics.com/release/3250467,5099960265326/capucon-renaud-brahms-berg-violin-concertos

 

f:id:indiana2:20171201224323j:plain

 

 いつものごとくBergはチェックしていたのだが彼の演奏はインパクトがあったわけでもなくルノー・カピュソンの名前を記憶に留めておくこともなかったのある。

では彼が今回の現代の作曲家に委嘱した作品はどうか。

3曲とも8回程度聴いてやっと旋律が見えてきた。もっと聴き込む必要ありだ。

 Rihm:ベルクの影響大きい表現主義だ。

Dusapin:クセナキスの弟子ということであるが、僕自身は初めての作曲家である。

     え、細川さんの旋律?

Mantovani:この人も初めて、

そうこう聴いている途中でもっとインパクトの強い、目新しい作品をラジオで耳にして

それが今年一番インパクトの強いviolin 協奏曲(Georg Friedrich Haasの2番)となった。

(この内容はまた後日載せるとしよう)

久しぶりのクレーメルkremerata balticaの新譜は②(2017.11.19)

f:id:indiana2:20171112103835j:plain

https://www.ecmrecords.com/catalogue/1478866129/mieczyslaw-weinberg-chamber-symphonies-piano-quintet-kremerata-baltica-gidon-kremer

 今何かと話題のECM、ほとんどチェックはしていないがECM NEW SERIESクレーメルkremerata balticaは随時チェックしたい。

WEINBERGは聴いたことないなあ、2枚組が2種類でているがイチかバチかと思っている時にオーバーに言うとクラシックの一つの道しるべが見えてきた。

毎月図書館で読んでいるレコード芸術に『Viewpoints――旬の音盤ためつすがめつ』という好評連載を発見。

(ほぼ毎週聴いてるのNHKFM現代の音楽http://www4.nhk.or.jp/P446/

のすぐ後の名演奏ライブラリーhttp://www4.nhk.or.jp/meiensou/

のホストでもある満津岡信育さんが監修されている。)

そこにはWEINBERGはポーランド人で苦難の生涯で音楽も暗く、、、と書いてあり

kremerata baltica盤の紹介もあり興味をそそられた。

中学生のころと同様に知らないクラシックはまずは聞き流しから入ってじっくり傾聴していくと最初は良さがわからないが4,5回目と段々良くなっていくではないか。

あ、どっかで聴いた曲? いや違う。

WEINBERGは多作家であることから気に入りそうなものをまずは選んでから聴いていこう。

そうやはりまだまだ知らないクラシック(現代音楽)は存在する。

 

 

 

 

 

最近買ったJAZZ (Jazz which I bought recently)(2017.10.7)、KAMASI WASHINGTON ' HARMONY OF DIFFERENCE '

f:id:indiana2:20171007113124j:plain

TITLE

DESIRE

MUMILTY

KNOWLEDGE

PERSPECTIVE

INTEGRITY

TRUTH

 
 

 

PERSONAL
Tenor Saxophone - Kamasi Washington
Trombone - Ryan Porter
Trumpet - Dontae Winslow
Piano - Cameron Graves
Keyboards - Brandon Coleman
Upright Bass - Miles Mosely
Drums - Ronald Bruner Jr.
Drums|Percussion - Tony Austin

Flute (Truth) - Rickey Washington
Alto Saxophone (Truth) - Terrace Martin
Electric Bass (Truth) - Thundercat
Guitar (Truth) - Matt Haze
Vibraphone (Truth) - Nick Mancini
Violin (Truth) - Paul Cartwright, Chris Woods, Jen Simone, Tylana Renga
Viola (Truth) - Molly Rogers, Andrea Whitt
Cello (Truth) - Peter Jacobson, Artyom Manukyan
Choir (Truth) - Thalma De Freitas, Taylor Graves, Doctor Dawn Norfleet,Patrice Quinn, Jimetta Rose Smith, Dexter Story, Dustin Warren,Steven Wayne, Mashica Winslow

KAMASIのJAZZはこれまで’The Epic’を聴き込んできたが、

70年代の復興というよりそれ以降のHIPHOP、BEATMUSICも含浸し、憂いも漂わせながらの作品と感じるROLAND KIRKの晩年作品の現代版と言えそう。

今の僕には欠くことのできないものだ。

今後の作品も期待大。

I listened to 'The Epic' of JAZZ of KAMASI many times until now,

This work impregnates subsequent HIPHOP, BEATMUSIC rather than revival of the 70s, and it seems to have possibilities to be said that it is the modern version of the work in later years of ROLAND KIRK to feel when the sorrow has it.

Present I cannot lack.

The future work has a big expectation, too.