久しぶりのクレーメルkremerata balticaの新譜は②(2017.11.19)

f:id:indiana2:20171112103835j:plain

https://www.ecmrecords.com/catalogue/1478866129/mieczyslaw-weinberg-chamber-symphonies-piano-quintet-kremerata-baltica-gidon-kremer

 今何かと話題のECM、ほとんどチェックはしていないがECM NEW SERIESクレーメルkremerata balticaは随時チェックしたい。

WEINBERGは聴いたことないなあ、2枚組が2種類でているがイチかバチかと思っている時にオーバーに言うとクラシックの一つの道しるべが見えてきた。

毎月図書館で読んでいるレコード芸術に『Viewpoints――旬の音盤ためつすがめつ』という好評連載を発見。

(ほぼ毎週聴いてるのNHKFM現代の音楽http://www4.nhk.or.jp/P446/

のすぐ後の名演奏ライブラリーhttp://www4.nhk.or.jp/meiensou/

のホストでもある満津岡信育さんが監修されている。)

そこにはWEINBERGはポーランド人で苦難の生涯で音楽も暗く、、、と書いてあり

kremerata baltica盤の紹介もあり興味をそそられた。

中学生のころと同様に知らないクラシックはまずは聞き流しから入ってじっくり傾聴していくと最初は良さがわからないが4,5回目と段々良くなっていくではないか。

あ、どっかで聴いた曲? いや違う。

WEINBERGは多作家であることから気に入りそうなものをまずは選んでから聴いていこう。

そうやはりまだまだ知らないクラシック(現代音楽)は存在する。