5年ぶりのベルクヴァイオリン協奏曲のチェック2枚, 2017/6/12

f:id:indiana2:20170611133206j:plain

Rudolf Kempe, Edith Peinemann – Tippett, Berg, Janáček

Concerto For Double String Orchestra
Composed By – Sir Michael Tippett
 
1 I. Allegro Con Brio 6:08
2 II. Adagio Cantabile 10:32
3 III. Allegro Molto 8:31
  Violin Concerto
Composed By – Alban Berg
 
4 I. Andante — Allegretto 11:44
5 II. Allegro (Ma Sempre Rubato, Frei Wie Eine Kadenz) — Adagio 16:56
  Sinfonietta
Composed By – Leoš Janáček
 
6 I Allegretto — Allegro — Maestoso 2:31
7 II. Andante — Allegretto — Maestoso — Tempo I 6:03
8 III. Moderato — Con Moto — Più Mosso — Prestissimo — Moderato 5:23
9 IV. Allegretto 2:38
10 V. Andante Con Moto — Maestoso — Tempo I — Allegretto — Allegro — Maestoso — Adagio 7:35

f:id:indiana2:20170611133726j:plain

ALBAN BERG
Violin Concerto
»To the Memory of an Angel«

WOLFGANG RIHM
Gesungene Zeit
Chicago Symphony Orchestra
James Levine
Int. Release 02 Nov. 1992

 

1枚目はレコ芸の情報から

kempeの晩年最後の録音にbergのviolinconcertの録音が残っているという。

自分自身は人生の終末に必ず避けて通れないと思っているこの名曲を

病弱だったkempeがあえて選んでいたとは、、。

今まで聴いている2楽章で一番テンポが遅くドロドロしく進んでいく、

すばらしい、

Peinemannのviolinも官能的で惹かれる。

 

もう一枚は渋谷のタワレコの現代音楽コーナーでお薦めしていたRihmの『歌われし詩』にカップリングされていたもの。

Muttterの演奏は思っていたよりも感情的で激しいし、Levineの指揮は小澤やブーレーズのアルバムと比べても色彩豊かさはひけをとらない。

また、Rihmの曲は聴き込んでいきたい。