読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

昨年最後に手に入れたelectronicaのCD:Akihiko Matsumoto 『Preludes for Piano Book 1 』(2017.1.14)

 

f:id:indiana2:20161226001534j:plain

 

 1991年の内藤孝敏によるCD「シェーンベルク:ピアノ作品(全曲)」(Gramophon POCG-1431)(人間には演奏が難しい部分を完全打ち込みによって補足し、人間の演奏をこの作品で超えようとした)以来、ピアノ演奏のみからのプログラムによる作品はそういえば買っていなかった。

f:id:indiana2:20170109110424j:plain

あれから24年ほど経ったわけだが、テクノロジーの進歩とそれを操る人の試行錯誤の結果のひとつとしてこの作品は大変興味深く購入することにした。

 

12曲の作曲方法が異なっているためか、すべての曲が目新しいわけではない。

しかし、今までに聴いたことのないelectronicaの新しい萌芽が感じられる。

10回程度聴いたがまだまだ良さが染みだしてきている、音のコクが大変すばらしい、テクノロジーの賜物といえる、勿論操る人の力量があってのこと。

ゆっくり時間をかけて聴き込んでいきたい。