読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

日本の現代音楽の今の一人の作品②「世界にあてた私の手紙」:藤倉 大

藤倉 大を知ったのは「情熱大陸」(2010)だった。番組でブーレーズの弟子ということを知ったが紹介していた新曲のインパクトが弱く彼のCDをチェックしていなかった。

後にDAVID SYLVIAN のcheckで「Died in the Wool」を聴くことになったが、SYLVIANのVOが強すぎて彼の音楽に傾聴できていなかったか。再度聴き込んでみようと思う。

何か新しいものを探す傍ら、最近ある雑誌にあの白石美雪さんの評論があり、SYLVIANとのコラボで電子音楽影響を受けたと明記あり、早速購入することに決めた。

最近の現代音楽作曲家はCDで解説を長々と入れる場合が多い。

しかし、そこには電子音楽が表現できることを模索している等とはまったく謳っていない。影響は受けているとは思われるが、、

・フルート協奏曲

これはフルーティストの力量があっての曲で音色・微分音など尺八奏法に近いものやエフェクト処理でリングモジュレーターを使用しているような処理も聴こえる。

・世界にあてた私の手紙

うーん、意外と普通!

オペラを濃縮したものとのことだが、インパクトがイマイチ弱い。

MINA

実娘が生まれた後の感動を歌っているとのこと、自分の場合の時と比べてみて生まれてすぐにたまたま抱けるタイミングがあったのだが、その時の感動を表現するのはこんなにごじゃごじゃしてなくて、神秘すぎて、、無音状態だった気がしてならない。

・BANITZA GROOVE

この曲が一番気に入った曲、すんなり脳みそに入ってきた。

今の現代の悲しみを表しているといったらオーバーかな、と印象づけてから解説を

読むとブルガリアダンスリズム3+4+2+3をベースにしているからびっくり、

世界の民族音楽をベースにした新しい名曲がまた彼によって作られた。

尚、このアルバムの最大の売りは作曲者が自ら編集ミックスしたことです。

作曲者がいいたいことを編集して練り上げたことです。

そうなってくると現代音楽はなおさらますます解像度のいい装置で再生したくなるよ。

そして所詮生演奏にはかなわないので聴きにいきたくなる。

このアルバムで演奏している名古屋フィルが彼の作品をとり上げて名古屋市内で10月に演奏するがたった1曲のみで残念なことに今聴きたくない曲(客寄せのための曲)も演奏される。今回は止めにしておこう。

https://www.nagoya-phil.or.jp/2015/1210095137.html

f:id:indiana2:20160904155212j:plain

 

SACDハイブリッド】

藤倉大オーケストラル・ワークス「世界にあてた私の手紙」

マーティン・ブラビンズ名古屋フィルハーモニー交響楽団