声を楽器のように扱ってベストな曲, 2008/6/1

f:id:indiana2:20150706050013j:plain

Meredith Monkを真剣に聴くのは10年以上ぶりだが、今回は声だけでなくピアノや他の楽器を使ってアコースティックなこれらの作品集はミニマルな曲や即興的な曲もある。Impermanenceという非永久性の題名はもののはかなさを言っているのだろうか。今のほうがすんなり心に浸み込んでくるのは自分が歳をとったためか、いや曲がそのようなものだからなのだろうか。
どちらにしても人の声の可能性を十分に使いこなして普遍的なテーマを表している。芝居や映画音楽としても使えそうで聴きやすくはなっている。いろんなmusicianに影響を与えているのも当然と言える。過去のアルバムも探っていきたい。

Impermanence

Meredith Monk