武満トーンの再認識, 2003/3/24

 

f:id:indiana2:20150617224927p:plain

先日の「夢千代日記」の再放送で武満音楽に聴き入っていると、尺八をフルートに琴をハープに持ち替え能楽を現代音楽に作り変えて世界に
知らしめているアルバムに出会った。音色だけで魂を抜かれてしまう。
旋律として聴くのでなく、音と間を聴く、あまり集中すると疲れるかも
しれないが変に心地いい。
もう少し毛色の違う曲があってもよかったとは思うのだが。

武満徹:そして、それが風であることを知った/雨の樹/海へ 他