jazz

JAZZのリマスター盤チェック①「Ming」:DAVID MURRAY(2016.10.15)

リマスターに加えて明らかに音質の向上がわかるSHM-CDに買い替えたいCLASSICやJAZZ。 そんな中でJAZZを漁っていると、、、 アルバム名しか知らなかったDAVID MURRAYの「MING」を見つけた。 1980年代当時DAVID MURRAY は知っていて聴いてはいたが、ほんの数枚…

JAZZの男性VOCALに導かれた1枚(2016.2.10)

JAZZVOCALは全くといって普段聴いていません。 今更、JAZZの男性のVOCALなんて、、、 しかし学生時代から大好きなROLAND KIRKが共演しているので試しに買いました。 ア・ミーティング・オブ・ザ・タイムス<完全生産限定盤> Roland Kirk 、 Al Hibbler AL H…

今年のクリスマスはこのストリングスが最高!!2015/12/16

jazzのストリングスなんて真剣に聴いたことない自分だが、、 この年になっていやはや、癒されて酔ってしまいました。 演奏は30年経ってますが、アレンジ古くないです。 スターダスト(期間生産限定盤) Limited Edition Wynton Marsalis

ひょっとして今の僕には一番新しいjazz?!!, 2015/10/20

当時の新譜としてノーチェックでした。しかし、めくるめく激しさは、、、聴き込んでいきそう、すばらしいと思います。milesのフォアモアとかが古いと感じてしまいそうで、、、。 これまでのwyntonのCDもチェックしていきそうです。 LIVE AT BLUES ALLEY (期…

久しぶりのECMジャズチェック, 2015/9/30

これもある評論家の2014年のお薦めでチェック。ピアノレスでトランペットとサックスがお経を唱えるように、、、感情がない分、官能を求めるに人には物足りないかも、、、ドラムは確かにポリフォニックにキザンデいますが、、あ、タワレコイントキの表紙にな…

ホントに久しぶりのジャズ喫茶の新譜チェック, 2015/7/27

ある評論家の昨年のお薦めということでチェック。dolphyファンは勿論、フリー系が好きな方、晩年のオーネットコールマンを聴く方もお薦めです。ただ、dolphyを聴きこんでいない僕には先にdolphyを聴きこんだほうが良さそうです。 So Long, Eric! Homage to E…

最近よく聴いているjazzは, 2015/5/23

30年以上まえの自分はこのアルバムがしっくりいかなかったが、今はmilesのスタンダードものに劣らずイイネ!このスマートに突き刺す音、マルサリスしかできてないのでは、、 VSOPは同じ言い回しだと、、言うJAZZ喫茶の方も最近いたけど、、、いいものはよ…

フォア&モア とマイ・ファニー・ヴァレンタイン が好きな人は是非!, 2014/10/12

vol.1はフォア&モア 、vol.2マイ・ファニー・ヴァレンタインにもある曲を演奏しているんだけど激しい、ショーターの影響が大きいのだろうか。それにしても名演奏! プラグド・ニッケル(Vo.1+Vol.2) CD, Limited Edition MILES DAVIS

カークファンは買うべし!, 2014/2/23

アトランティック盤ではなく、レコード8枚分初期のものばかりですが、名演奏があります!たとえば、The nearness of youの音色といったら、泣いてしまいました。レコードで6枚は持っていたのですが、2枚は初聴きで楽しみ! 名古屋モード学園に使われた曲が…

ほんとにほんと、超久しぶりのjazz新譜, 2013/3/26

かなり、期待しました。ぞろぞろ、ざわざわ、ぞろぞろ、ざわざわ。そんな感じです。がんばってます!と、いうことでこちらも頑張って聴いてみました。もっと、頑張って聴かないと、、、。 WITHOUT A NET WAYNE SHORTER

カークの名盤のひとつ, 2012/10/20

超ーひさしぶり渋谷のタワレコのJAZZコーナーを漁っていると懐かしいジャケットが飾ってあるではありませんか!思わず、1100円とリマスターに負けて衝動買いしてしまいました。レコードを無理やり持ち込んでかけてもらいましたね。しかし、今聴いてもいかして…

アコースティック・マイルスの最高品, 2011/11/23

ネファルティティで完成されたアコースティック・マイルスをより強力にliveで展開したアルバム。是非、○○が一番と思っているあなた、一度傾聴してみては。 ベスト・オブ・ライヴ・イン・ヨーロッパ1967-ブートレグ・シリーズVol.1 miles davis

本当に久し振りに買ったjazzcd、さて結果は?, 2011/7/22

まず、スロ~で、う~ん。車でかけると細かいところが聴こえない。 家でかけるとなるほど酔ってる雰囲気が、、、。大昔、jazzを聴き始めた時はコンナものでなにがなんやらわからなかったが、聴きこんでいくうちに良さがわかってきた。コード進行、原曲がどう…

ここ数年では指よりのJAZZ, 2010/1/6

3年くらい前から気にはなっていたのですが、タワレコで半額になっていたためまた飛びつきました。しかしジャズ喫茶でチェックしていなかったのは残念でした。すばらしいの一言です。現代音楽を聴く人にもお勧めでこうなるとジャンル分けはいったいどうなって…

最近のワールド・ミュージックのひとつとは, 2009/7/7

エチオピアンジャズをベースにsun raをブレンド、珈琲イルガチェフモカでも飲みながら聴いているとまさにアフリカン。パーカッションを含めてアコースティックが主体であるため音の厚みは深く大きい。ノイズにシンセや弦楽器を効果的に使っている曲もある。…

coltraneのprestage盤の名品の一つ, 2009/6/15

図書館でcoltraneを捜していると最近のリマスター盤として2枚の入荷がありました。知らないので早速レンタルしました。バリトンサックスがバリバリしていてjames carterのような2人とその間でtraneが奮闘しています。まだまだ知らないアルバムがあるのは確…

カークファンには必携盤, 2009/1/22

kirkatronは評判は良いので聴き込みに買い揃えそうと思っていたが、もう一枚のwoogie..がこれまた素晴らしく是非聴いていただきたい。いろんなジャンルの融合やリラックス度も最高です。 もう一枚のほう国内盤でリマスターがかかり廉価で2012.5に発売されま…

現在もっとも限界なジャズ, 2008/1/9

某タワレコで新クロスオーバーとしてお勧めしていたもの、原曲の解体後新たに命を吹き込んであるもの。アコースティックを使ってもうこれが限界なのかジャズは、、、。またさらなる新しい世界を求めて彷徨い続ける人には超々お勧めです。 Drumlesson 1 CHRIS…

20年前に聴いていたら自分はどうなっていたか。, 2007/9/19

○○様、あなたのおっしゃっていることはごもっともです。transitionまで聴けると誰が線を引っ張ってしまっていたのでしょう。ここには祈りや焦りや現在も生きている血や肉踊るいきいきした精神が。これからも教えてください。あなたにしばらくツイテ行きたく…

アブストラクト・ヒップホップの行く先は, 2007/9/2

アブストラクト・ヒップホップなるものを探してこれはというお勧めで購入した。milesの曲から始まりmatthew shippのようなヒップホップ・エレクトリカ・ハードコア・ジャズを組み合わせたものやwayne shorterやpat methenyのソロが聴こえるような曲もある。…

マイルスの抜けている部分, 2007/7/9

70年代のマイルスはあえて傾聴せずにおいていました。まずはこのアルバムからです。liebmanのみだれ具合やリズムのポリフォニックで大変ここちよいです。うるさいと思って聴けない時もあります。クラブ系の好きな方は必聴盤ということ以上にすごいクラシック…

A&Fで今もかかっていそうな, 2007/6/23

久しぶりにspice of lifeをチェックしたらあのジャズ喫茶A&Fでかかっているであろうアルバムにまた出会いました。この手の王道なモダンジャズは永遠に不滅です。 PLAYGROUND 守屋純子

現代日本を代表するじゃず, 2006/12/13

今年の夏発売ということでしたが、寒くなってからのほうが良いと勝手に思っていました。曲の内容からすると明らかに冬のほうが合います。菊地氏のロマンとUAさんのワイルドな面がうまくリミックスされています。菊地氏の今後の動きには目が離せません。 cure…

フリー前の傑作, 2005/10/25

transitionと同様フリー前の傑作だが、chimchimcherry,natureboy等名曲が並びしかもフリー以外の範疇で微分音が変幻自在に変えられる様は圧巻。シーツオブサウンドの究極といったところか。 カルテット・プレイズ JOHN COLTRANE

パットと言えばこれ。, 2005/8/27

パットのギタートリオはこれと決めている。all the things you.. old folks等のスタンダードはもちろん、最終曲のthree fligts upはパットの超名曲。パットのギターに愁いのシンセが包みこむ様がすばらしい。最近の新譜のチェックが進んでいないのはこれより…

ほんとうのフリーの始まり, 2005/8/18

フリーが実験的に始まったあのアセンションからもう少し踏み込んでいる。コルトレーンはtransitionまでしか聴けないという人でも十分聴くことができる内容がある。out of this world の完成された世界はフリーそのものだがbody and soul のトレーンソロ部は…

やっぱり止められないこのチャーリーパーカー, 2005/5/24

やはり完成度という点でパーカーはこの1枚か。全12曲とも名曲だしサイドのマイルス、デュークの演奏もすばらしくたまらない。アドリブもまったく無駄なく美しく心に響く。今となっては本当にたまにしか聴きたくないくらい重いし、心揺さぶられる。しかし…

ついに復活がCDとして表れる, 2005/5/21

しかしどうして今まで発売されなかったのでしょうかこれほどの名盤が。ボランティアはB面がいいけどA面はあまりだし。溢れ出る涙は当然いいのですが。スタンダード曲をうまく彼なりのフィルター=夢で表現しています。あの「LOVING YOU」がこのように変わ…

ブラジリアンジャズ, 2005/2/5

某雑誌の薦めで声がいいとのこと。ボサノバとジャズの融合。ロック曲、ジャズ曲、ボザノバ曲うまいし声もフェイスも良い。しばらく車でかけると思う。don’t let me be lonely tonightが先日『しまむら』でかかっていたのには驚いたが、あっていたということ…

かゆいところに手がとどくよう。, 2004/11/10

1年以上も前にあるジャズ喫茶のマスター(昔フリージャズをバリバリかけていた)から教えていただいた「matthew shipp」は今まで知っていたジャズには届かないかゆいところに手が届く。一瞬、現代音楽のようなシンプルな旋律、でも重苦しくない。リズムが変…