classic

violin 協奏曲の追求は続く①(2016.6.12)

ProkofievViolin Concerto No.2 in G minor, op.63Sonata for 2 violins in C major, op.56Sonata for violin and piano in F minor, op.80 no.1Janine Jansen, violinBoris Brovtsyn, violinItamar Golan, pianoLondon Philharmonic OrchestraVladimir Juro…

violin sonata を超久しぶりに聴き込む(2016.5.6)

ここ最近、特別新しいものにありつけていないからか、、 ずーっと聴き込まずにそっと置いてあったCDに手がいく。 今聴きたいクラシックはMOZARTを除いて20世紀のクラシックであり、 バルトークや新ウィーン学派となるが、 これらは気持ちが乗らないとまっ…

Brucknerのアルバムといえばやはりクナが一番。2015/11/28

約40年brucknerを聴いてきてどうしても外せない指揮者はHans Knappertsbusch。 今更ながら、、他の指揮者では味わえないすばらしさがあり、特にこの3,4,5番を聴き込むと他の指揮者では聴けなくなる方も多いと思う。 タワレコから今年3,4,5番の組…

mozartのviolin協奏曲は実はこんなにいいんです。, 2015/10/25

こんなにテンポを落としての演奏!!mozartしか伝えることできない、何と言っていいか、もたれないし、すばらしい。ここにはピアノ協奏曲とは違うよさがしっかりある。 モーツァルト:ヴァイオリン協奏曲第5番/ヴュータン:ヴァイオリン協奏曲第4番 Hilary Hah…

カラヤン美学が光る一枚, 2014/4/19

shm-cdで発売が決まりとびつきました。この2曲(6.7番)は、長い間バルビローリ盤で聴き入ってました。実質30年ぶりくらいに聴きこんでみると、部分的に美しいところがあるのに気づきました。ジャケットもすばらしい。 シベリウス:交響曲第6番&…

ビオラ演奏でのエレジー, 2013/1/31

1曲目のブリテン『ラクリメ』が特にいい。曲も悲しい曲が多いが、心に染み入ります。最近、聴きなおしたらリストの「忘れられたロマンス」という曲があり、やっと曲名の意味を理解したような気がする。 エレジー KIM KASHKASHIAN & ROBERT LEVIN

やはりdebussy piano曲のステレオ録音といえば, 2012/8/5

某雑誌で坂本龍一さんがこのアルバムを紹介してました。SACDで出るまで我慢するつもりが買ってしまいました。ミケランジェリの『子供の領分』は聴いたことがありませんでした。そうです。。。もう何もいうことはありません。 ドビュッシー:前奏曲集第1巻、子…

glenn gouldのチェック!!, 2012/7/28

berg,webern,schonberg で一度聴いてみたかった。glenn gouldはbach,beethovenだけではないと。とにかくお買い得です。 Glenn Gould Plays Bach, Beethoven, Schonberg, Webern and Berg CD, Import

klempererファンには必要盤, 2012/7/16

クレンペラーファンにはたまりません。安い、速い、うまい小気味よく、もたれない beethoven →7番の2楽章はさりげなく深い自然の厳しさ伝わる bruckner→4番は速いのにそっけなくなくみずみずしいまだ聴きこんでないけど brahmsゆっくりなテンポのクレンペ…

今一番話題のdebussyのピアノ全集:一家に1セット!, 2012/6/2

前から気にはなっていました。ギーゼキングのLPは一部持っていたのですが。CDで聴いていてもこのみずみずしさといったら最高です。知らない曲もそろっていますし超お買い得です。早く実家のSACDで聴きなおしてみたいものです。あ、そういえば、最近異動した…

シマノフスキーのピアノ曲入門とdebussy, 2012/3/22

シマノフスキーが主目的で購入、まだ聴きこみ不足ですが、いい曲であることには間違いなさそうです。勿論、debussyも『雨の庭』や『月の光』が入っているので、、、こちらはギーゼキングやミケランジェリ演奏と比べてしまいますが、いいです。 ドビュッシー:…

久しぶりのベルクヴァイオリン協奏曲のチェック, 2012/2/10

ベルクのヴァイオリン協奏曲はやはりすばらしい。頭の中に曲が完全に記憶されてしまっているので今までいろんな演奏を比較してきました。以下の方々の演奏が今まで一番好きだったのですが。violin:クレーメル、チョン・キョンファcond.:ブーレーズ、小澤しか…

初めてのアイヴス入門, 2012/2/2

ヒラリーの新盤ということで購入しました。まったく聴いていないアイヴスですが、はたしてその曲はというと何故だかviolin sonataなのにpianoのほうに耳を傾けてしまっていてviolinのほうの旋律がまだつかめていません。どっちが主旋律なのか面白いところで…

浄められた夜の名演奏の1つ, 2011/9/23

学生時代のずいぶん前に新星堂のディーラーお薦めでレコードで持っていたのですが、シェーンベルク、ヴェーベルンの四重奏曲を纏めたものがタワレコvintagecollectionで再発されました。一家に一枚是非! シェーンベルク:浄夜 作品4 ラサール弦楽四重奏団

violin 協奏曲の追求のひとつの到達点, 2010/12/13

本年度、一番ショッキングなviolinconcertとなりました。クリスマスが近づいて結構合います。この和音はSzymanowski特有ですという世界でしばらく他の新しい音楽は受付ないようなインパクトです。一緒にはいっている交響曲はmahlerの和声をさらに進めて壊滅…

本アルバムは聴いてないのに期待してしまいます。, 2010/7/6

violin協奏曲の追求でつい先頃のNHKFMのバーバーの特集でこの曲に惚れこんでしまいました。現在はISAAC STERNとBERNSTEIN のアルバムで聴きこんでいますが追ってこのアルバムを購入しそうです。手に入れました。かなり歌ってます。気分は晩秋に思いをはせま…

生まれてこのかたいままで聴いた中でやはり最高, 2010/6/14

外盤が出るまで我慢できませんでした。タワレコで試聴していましたが実際自宅で聴いていると一楽章はかなり心の中にかみしめながらというか、歌っていますがレガートは弱め、表現も内に秘めているような感じです。二楽章も女性の演奏に思えない、きりきりし…

schoenberg を見直す。, 2010/6/2

浄夜のcheckにはじまり、なかなかいい演奏です。さらに手つかず状態のschoenbergの作品を見直すには最適です。 追伸〇〇子さん、あなたが宿した子供のことは気になっていました。20年前ではなく今なら許せていたかもしれません。この浄められた夜のように…

バッハ入門に最適, 2009/10/1

ちょっと期待し過ぎた感は否めない。声楽作品の良いところ、サビを集めて聴かせていただいている。hahnがかなり歌っているのに歌手はそれほどでもないため作品の解釈の統一感が弱い。hahnのbachには今後『音楽の捧げ物』やブランデンブルグ協奏曲等に期待し…

mozart曲の拡大, 2009/8/27

モーツアルトといえば後期交響曲とピアノ協奏曲しか聴いていませんがviolin協奏曲ともなれば一度は聴いてみたいと思っていました。実際クレーメルの演奏ではフレッシュな演奏を期待どおりにしています。短調の曲がない分ちょっと一息といったときに聴きたい…

30年ぶりに聴いた田園, 2009/6/10

中学時代にはよく聴いていた田園も今となってはほとんど興味なく聴いていませんでしたが、この演奏ならまた聴き入れる内容です。躁鬱傾向炸裂ですが共感できる部分も多く、最後の部分ではなごり惜しいような悲しみに溢れています。エグモントは狂気に満ちて…

シベリウス7番の再認識, 2009/5/10

昨年のクレーメルのシベリウスのヴァイオリン協奏曲コンサートの隣席でこのアルバムを教えていただいた方ありがとうございました。やっと手に入れました。自分の脳裏にはバルビローリ/ハレ盤で残っていたため比較してしまいました。レガートが弱いため旋律…

今まで聴いたカラヤンのベスト+ブラ1のベスト, 2009/2/11

クラシック入門として典型的なハードルとなるブラ1はいろんな演奏をかれこれ聴いてきましたがこれが最高というものにありつけませんでした。フルベンは音の問題がありこの30年間他の指揮者の録音では軽いカラリ演奏が多いこと、またカラヤンの録音ものも…

バルトークのクレーメルは, 2008/8/28

学生時代によく好んで聴いていたバルトークのviolin協奏曲の1番ですが、この20年間は聴かずにいたもののクレーメルとブーレーズとなればチェックしないわけにはいきません。ゆっくりめの演奏と少しチョン・キョンファ盤と比べて枯れてはいますが全体のバ…

シベリウスとシェーンベルクの抜けた部分, 2008/8/28

シベリウスは5・6・7番の交響曲がお気に入りで冬によく聴いていますが、violin協奏曲は抜けていました。9月にクレーメルの来日があり曲のチェックで諏訪内盤と聴き比べに両方図書館でレンタルして傾聴いたしました。歌いかける情熱は諏訪内盤より遥かに…

甘美な?現代音楽の古典, 2008/2/17

元々大好きな現代音楽の古典(後期ロマンの最後)の曲がカラヤン指揮で1000円と安く甘美な点(官能的で)が強調されていて面白い解釈を期待して購入した。実際は好きな旋律でもっと歌ってほしい部分は特にレガートをきかせているわけでもなくそのままでテンポ…

ロマンティックの名演奏, 2008/1/20

今までティントナーのブルックナーはチェックしていなかったが、最近avexがクラシックの廉価盤シリーズを発表した中にこのアルバムを発見して購入した。すばらしいの一言。効果をねらった人為的な解釈がなく素直に自然の偉大さに浸れるものの一つ。晩年の朝…

この人の本おもしろい:好きか嫌いか1つ。, 2005/9/7

鈴木さんのは結構読ましていただいています。いつも鋭い視点での解説おもしろいです。自分はクラシック全般が好きなわけではないので非常に参考になります。けっこう聴いていない曲もあるので読んでもチンプンカンプンのところは読みとばしています。 新書13…

ブリテン作品紹介盤:チェロソナタ, 2005/9/6

1番は出だしがバッハの無伴奏そっくりかなと思いきや無調にギリギリ入ってしまい、でもロマンを讃えている様がすばらしい。バルトークの旋律のようなそれでいてなにか新しいものを感じる。途中演奏にかなり技巧を要する奏法もあるがシンプルに装飾を削り落…

ブリテン作品紹介盤:バイオリン協奏曲, 2005/8/24

愛聴曲のベルクは特に目立った解釈もなく、クレーメルの新録音盤や諏訪内(2003年に演奏していたが聴き逃してしまった、録音は日の目を見れるのだろうか)がどういう演奏なのかを期待したい。最近あのペルトが尊敬しているブリテンの作品群の新譜録音が出て…