Entries from 2015-06-30 to 1 day

マイルスの抜けている部分, 2007/7/9

70年代のマイルスはあえて傾聴せずにおいていました。まずはこのアルバムからです。liebmanのみだれ具合やリズムのポリフォニックで大変ここちよいです。うるさいと思って聴けない時もあります。クラブ系の好きな方は必聴盤ということ以上にすごいクラシック…

A&Fで今もかかっていそうな, 2007/6/23

久しぶりにspice of lifeをチェックしたらあのジャズ喫茶A&Fでかかっているであろうアルバムにまた出会いました。この手の王道なモダンジャズは永遠に不滅です。 PLAYGROUND 守屋純子

カントリーミュージックの傾聴, 2007/6/3

今まで皆無なカントリーミュージックに足を踏み入れることになった一枚。アルバムの途中にJAZZで良く使われるスタンダードが入ってはいるがほとんどがカントリーであった。ゆっくり時間をかけて聴いていきたい。 My name is buddy Ry Cooder

夏場に聴く名盤, 2007/6/3

nonesuchからの再発で出ていたのは知っていたが今まで価格が下がるまで待っていたもの。この10年以上聴いていなかったにもかかわらずまったく古さを感じないこと、新たに未発表の6曲が加わりうれしい。当時のPVもパソコンで見れる。 My Life in the Bush of …